代表理事挨拶

 ウーマンライフパートナーは、女性の視点とファイナンシャルプランナーの専門性を活かし、すべての女性の良きパートナーとなり、人生を前向きで明るく豊かなものとすることにより社会の発展に貢献します。

 「女性」には様々な顔が存在します。仕事上の私、妻、母、娘、そして一人の女性として様々な顔があり、置かれている境遇や悩みは様々です。
 特に弱い立場にある女性は、前向きになれるような情報や知識が不足しています。FPが専門とする「お金」に対する「安心」を届けることが重要と考えます。
 そのために、女性を支援する団体や行政、企業等との協業や、女性FPが直接働きかけるイベントなども企画します。

 また、WAFP関東女性FPの会と連携をして、様々な立場の女性の実情を知るための研鑽を積み、女性FPのネットワークの強みを活かして活動してまいります。

 そして、これらの活動をしていくには、女性FP自身が前向きで明るい人生を歩んでいなければなりません。
 ウーマンライフパートナーは、女性FPの業務支援も行います

 ウーマンライフパートナーは様々な事業をSDGsの視点で取り組みます。
 私たちが取り組むべき目標です。

 1.   貧困をなくそう
 4.   質の高い教育をみんなに
 5.   ジェンダー平等を実現しよう
 8.   働きがいも経済成長も
 17. パートナーシップで目標を達成しよう


略歴
日本FP協会 CFP🄬認定者
WAFP関東 女性FPの会 理事
日野市社会福祉協議会 権利擁護センター 生活支援員 市民後見人
第5次日野市地域福祉活動計画策定委員
東京都社会福祉審議会 21期委員
ひの市民活動ネットワーク 会員

理事挨拶

 私自身、女性が活躍できる社会、それを常に意識して人生を歩んできた気がします。職場、家庭、子供の学校、地域など、女性にとって、担う場の数は多いものの、その一つ一つの場の価値観は、特に過去の日本において、男性とは同等ではないと感じることもありました。どこ一つ手を抜くことなくやりこなしたいと思うものの、全てに全力投球すると、一日が24時間では足りずその4倍の時間が必要と思うこともありました。周りからどう評価されるかは別としても、自分自身が自分の心の中で輝くためには、4倍以上のエネルギーが必要だと。

理想を持ちながら現状では残念ながら諦めている人、頑張ってあがいている人、身を削って突き抜けた人、少なからず、同じ思いを持つ女性同士が、気持ちを分かちあい、協力しあうことで、自分一人だけで出す以上の力が発揮できるかもしれません。

ウーマンライフパートナーは、ファイナンシャルプランナーの知識や経験を生かし、各種調査に取り組み、情報提供を行い、会員の様々な活動をサポートしていきます。「女性の良きパートナーとなる」が法人名への思いです。個人的には、性別の如何に関わらず、同じ立場の方々のパートナーを目指して。

人生を前向きで明るく豊かなものとするため、一緒に取り組んでいきたいという方、会員申込、心よりお待ちしています。


略歴
都市銀行勤務
中小企業向け財務コンサルティング会社勤務
セミナー講師

MBA
公的保険アドバイザー登録
日本FP協会  AFP登録


そもそもは自分の知識の習得の為に取ったFPの資格ですが、知識、情報、経験が少ないが為に救われなかったり、上手く生活できなかったりしている人に少しでも寄り添って教えてあげたい、という想いに変わり、この団体のお手伝いをさせていただくことになりました。

私の残りの人生の中で、困っている人の役に立ちたい、社会に貢献をしたい、世界の目標達成の為にも何らかの活動をしたいという気持ちでいます。

理事 植平由美子

同じような目的を持った仲間達と一緒にできると更に幸せです。

是非一緒に活動しませんか。


略歴
損害保険会社勤務
生活困窮者自立支援事業 家計相談員、就労準備支援員 勤務

日本FP協会 AFP登録
認知行動療法士
チームフロー コーチ認定